• ホーム
  • ペニス増大方法と慢性膀胱炎の治療

ペニス増大方法と慢性膀胱炎の治療

慢性膀胱炎は女性に多いとされる病気ですがバスの運転手などをしている男性にも見られる病気で、尿が長時間膀胱内に留まることで細菌が繁殖して膀胱内に炎症が起きるのが原因です。
慢性膀胱炎の場合は炎症が長続きして、治療をしても短期間で再発してしまうので、水分補給を十分にして尿を我慢せずに排出することが大切で、抗生物質を用いることで慢性膀胱炎を完治させることが可能ですが、何度も抗生剤を用いることで耐性菌に感染するリスクも高まるとされているので、尿によって細菌を排出できるような生活習慣を身につけることが重要です。
ペニス増大に関しては、基本的には勃起状態のペニスに血液をより多く送り出すことで普通の状態よりもサイズを大きくするものなので、実際のペニスのサイズが大幅に大きくなるものではありません。

ペニス増大に効果のある成分としてはアルギニンやシトルリンがありますが、これらの成分は基本的には同じ働きをするものなので、どちらを摂取してもペニス増大効果は実感できます。
アルギニンを含んでいる食材はニンニクや納豆、卵などで、多くの日本人が日常生活の中で食べている食品に含まれているのですが、とくに鳥の胸肉には良質のタンパク質とアルギニンが含まれているので、疲労回復と筋肉の増加に効果があります。
アルギニンは血液がペニスに流れるのを阻害する物質を除去する働きがあるので、ペニス増大に効果があるとされていて、多くのサプリメントなどに配合されていますが、日常生活の中で十分に摂取できている場合はサプリメントは必要ありません。
シトルリンはスイカやトマトのように赤い果物に含まれている成分で体内に吸収されるとアルギニンと同じ働きをします。